駅構内に地産地消ビストロ=長野県〔地域〕(時事通信)

 クルミや野菜、羊肉など長野県東御市の食材をふんだんに使ったビストロがJR長野駅構内に2月18日から24日までの期間限定で登場する。料理担当は農林水産省が「地産地消の仕事人」に選定した藤木徳彦シェフ。「シナノクルミと白土馬鈴薯のスープ」などを提供する。
 期間限定ビストロは今年で3年目。東御市はクルミの生産量で日本一。サフォーク種の羊は、羊毛を取るために市内で飼われていたが、藤木シェフが食材になるのではないかと目をつけた。飲み物は市内産の地ビール「オラホビール」と、ワイン「リュード・ヴァン」を提供する。
 藤木シェフは「長野県の食材は全国的にも注目されている。だが、注目されるためには目新しい料理が必要なのではないか。地産地消の料理を食べ、地元食材の良さを知ってもらえたらいいですね」と語った。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕日本酒ベースのショコラ・リキュール=新潟
〔地域の情報〕渋谷パルコで「ヤマナシ良品」をアピール
〔地域の情報〕「おでんしゃ」27日から運行=愛知・豊橋鉄道
〔地域の情報〕都内で地元産食材をPR=島根県邑南町
〔地域の情報〕富山の酒とかまぼこ試食して!=東京・有楽町でフェア

夫の連れ子を虐待死?傷害容疑で26歳母親逮捕(読売新聞)
【集う】東京都若者総合相談公開研修(1月22日、都庁)(産経新聞)
<鳩山首相>「党の判断ある」石川議員進退で(毎日新聞)
<掘り出しニュース>橋下知事 小中校生をUSJに」 府費で招待の構想(毎日新聞)
将棋 久保が逃げ切り、2勝目…王将戦・第3局(毎日新聞)
[PR]
by 6adf7xtnsb | 2010-02-17 13:18


<< <首都圏・雪>首都高新都心線で... 排出量取引、来年にも関連法=温... >>