鳩山首相「国民のおしかり反省」=政権運営への意欲強調−就任半年(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は16日夕、同日で政権発足から半年を迎えたことを受け、「政権交代で(政治を)変えたという期待感から、今は『必ずしも変わっていないじゃないか。特に政治とカネの話はどうなんだ』と強いおしかりを(国民から)いただいている。率直に反省している」と総括した。首相官邸で記者団に語った。
 首相は内閣支持率の低迷を念頭に、「批判が私自身にあることも分かっている。コンダクターはいいが、きれいな音色が出ていないとか、どこにいるか見えないという(国民の)気持ちも理解できる」と述べ、指導力不足を自覚していることを明らかにした。政策面の反省材料としては事業仕分けを挙げ、「必ずしも十分でないという思いを国民が持っている」と語った。
 同時に「新政権の変化を見届けてもらえるようにしつらえていきたい」と巻き返しを図る考えをを表明。「半年後には民主党政権にして良かったと思えるようになるか」との質問にも、「必ずそうなる」と述べ、政権運営に強い意欲を示した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
普天間は無関係=米国務次官補の訪日中止
寄付税制、月内に結論=議論前倒しを指示
公・共の賛成ありがたい=子ども手当法案の衆院通過

グループホーム団体連合会が初の全国フォーラム(医療介護CBニュース)
ストリートビュー、東北・北関東など21県に対象拡大(産経新聞)
<仙谷担当相>独立行政法人の役員公募 閣僚の選考を念押し(毎日新聞)
「終息」とは違う―新型インフルで厚労省(医療介護CBニュース)
参院選で他党と選挙協力せず…公明・山口代表(読売新聞)
[PR]
by 6adf7xtnsb | 2010-03-17 06:45


<< <山口彊さん偲ぶ会>長崎で非核... 北教組 労使癒着の温存画策 4... >>