<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「泥棒」と追いかけられ? 特急にはねられた男性死亡 (産経新聞)

 27日午後1時35分ごろ、東京都八王子市千人町のJR中央線の踏切内で、立っていた男性が新宿発松本行き下り特急列車「あずさ17号」にはねられた。男性は全身を強く打って死亡。乗客にけがはなかった。

 男性が踏切内で列車を回避しなかったことなどから、警視庁八王子署は自殺と事故の両面で捜査するとともに、身元の確認を急いでいる。

 同署によると、事故直前に付近で男性とみられる男が、「泥棒」と叫ばれながら追いかけられている姿が目撃されており、同署は関連を調べている。

 JR東日本によると、上下線11本に最大38分の遅れ、乗客約2900人に影響が出た。

【関連記事】
踏切に女性、朝の南海高野線11万人影響
京浜東北線で自殺?男性死亡
92歳女性、電車にはねられ死亡 20メートルの踏切渡りきれず 大阪・松原
ATS整備状況は? JR福知山線脱線事故
電車にはねられ女性死亡 甲府のJR中央線

警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)
<鳩山首相>「国の出先廃止」各閣僚に指示(毎日新聞)
過労死で「日本海庄や」に7800万円賠償命令 休日など対策なし(産経新聞)
違法薬物「RUSH」9千本販売 無職男を逮捕(産経新聞)
両陛下が神奈川県へ 全国植樹祭にご出席(産経新聞)
[PR]
by 6adf7xtnsb | 2010-05-27 21:59

揺らぎ続ける首相 質問無視、メディア対応異変(産経新聞)

 内閣支持率の低下に歯止めがかからない鳩山内閣が、メディア対応の見直しを図り始めた。米軍普天間飛行場の移設問題が混迷の度を増すごとに、鳩山由紀夫首相の言葉の「揺らぎ」が問題となり、支持率低迷の最大要因になっていると判断したためだ。「ぶら下がりをやめて記者会見にした方がいい」(政府高官)との声も上がっている。

 首相は就任当初、記者団によるぶら下がり取材に丁寧に応じていたが最近は変わりつつある。4月21日のぶら下がり取材では、秘書官が「あと1問」と言ったにもかかわらず、首相は無視して退去。質問する記者をにらみつけ、「コメントしないことをご容赦いただきたい」と語気を強めたこともあった。

 政府・与党内では、こうした首相のメディア対応の変化が、7月の参院選に悪影響を与えかねないとの危機感がある。首相の現在の「思い」よりも、政権のこれまでの「実績」をPRすべきだという声も高まっている。

 11日の閣僚懇談会では平野博文官房長官が各閣僚に対し、「マニフェスト(政権公約)で約束したことが一歩一歩動いていることをアピールしてはいかがか」と異例の要請をした。

 民主党の石井一選対委員長も11日、首相官邸で首相と面会し、「しっかりとした(政権の実績の)アナウンスメント(公表)を政府としてやってもらいたい。それをやってもらわなければ、選挙に責任が持てない」とくぎを刺した。

みんな、PHP総研前社長擁立(産経新聞)
不審火、バイクなど4台焼く 大阪(産経新聞)
<普天間移設>政府案決定へ協議…閣僚会議(毎日新聞)
関西3空港一元管理で、神戸商議所会頭が「神戸空港民営化も選択肢」(産経新聞)
実弟に成り済ました男逮捕 郵便局から融資金詐取 (産経新聞)
[PR]
by 6adf7xtnsb | 2010-05-19 02:13

中国の中間層にも観光ビザ発給へ=「富裕層のみ」から緩和−政府(時事通信)

 政府は10日、中国からの観光客を増やすため、年収25万元(約350万円)以上の富裕層に限定していた個人観光ビザの発給要件を7月1日から緩和し、中間層まで拡大する方針を固めた。ビザの申請窓口も現在の3カ所から7カ所に拡大するほか、申請を取り次ぐ旅行会社も増やす。
 7月からは、大手クレジットカード会社が発行する「ゴールドカード」を所持していることや会社の役職、収入などを総合的に判断して発給を決める。同カードの所有者はおおむね年収6万元以上(約85万円)となっている。世帯主本人が条件を満たせば、2親等以内の家族にも発給できるようにする。
 また、申請・発給窓口も北京、上海、広州の3カ所から瀋陽、大連、青島、重慶を加えた7カ所にするほか、ビザの申請を取り次ぐ旅行会社も現在の約50社から約300社に増やして、観光需要の増加に備える。 

強盗 1億3500万円入りバッグ奪われる…千葉・木更津(毎日新聞)
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎(時事通信)
タイガースかぶとを配布 親子連れら約100人に 大阪・阪神百貨店(産経新聞)
首相動静(5月10日)(時事通信)
民主・社民統一候補が出馬断念=参院沖縄(時事通信)
[PR]
by 6adf7xtnsb | 2010-05-11 23:30